マインドフルネスとは part 2 / by Noriko Ikedastemo

マインドフルネスとは part.1」を読んでおられない方はそちらから読んでくださいね。

というわけで、続けていきましょう。

 

マインドフルネスで脳を正しく休める

 

「疲れたな」と体を休めることは簡単ですが、「疲れたな」と感じさせているのは「脳」です。疲労感は、脳の現象。では、どうすれば疲労感をなくすために、「脳」を正しく休ませることができるのでしょうか。

 20301548 - japan garden with stone in raked sand
 

参考文献1によりますと、脳のエネルギーはかなりの割合で「DMN(デフォルトモードネットワーク)」という脳回路に使われています。この脳回路は、自動車のアイドリングのように、意識して何かをしていない時に常に働いている回路です。ただぼーっとしている時でも、動き続けます。この回路が働き過ぎないようにしてあげないと、脳は本当の意味で休めない、ということです。

ぼーっとしているのに脳が働きすぎるってどういうことでしょう。「マインドフルネスとは part.1」でも書きましたが、過去のことを思い出して怒ったり後悔したりする、未来のことを勝手に考えて不安になったり心配になったりする、それがまさに「DMN」をフル活動させて、脳疲労を起こしています。

注意力散漫も、イライラも、脳疲労からくるそうです。つまり、脳疲労を抑えてあげれば、集中力もアップしてイライラも解消されるというわけです。アメリカの色々な企業がマインドフルネスに取り組んでいて、集中力アップが見られた、というのは脳疲労が減ったからなのでしょう。

たとえ皿洗いでも、本当に集中すれば瞑想と同じ効果が得られる、という記事を読んだことがあります。それも一つのマインドフルネスの実践で、「いま、ここ」に集中することで、DMNが抑えられているのでしょうね。

マインドフルネスの具体的な実践方法については、文献1.に載っていますので、ぜひ読んで見てください。

 

私はまさにずーっと、「いま、ここ」に「いない」状態だったことを思い知らされました。子供の頃から受験戦争。進学校では、クラスは成績順。入学試験も、国家試験も年1回勝負。テストの点数もテストの結果も、結果に至る過程は関係なくて、結果がすべて。

かつて山登りをしていたことがありましたが、登り始めて考えることは一つ。「頂上までどれくらい近づいたか?」です。登っている間、周りの花や木は目には入りますが、実際見ていません。ゴールしか見ていません。文献1.の物語の主人公が全く同じことを言っていて、びっくりしました。

常に過去のことや未来のことが頭の中をぐるぐるぐるぐる、体はぼーっとして何もしていなくても、脳の中はフル活動です。そりゃあ脳も疲れますよね。

 

実はこのウェブサイトのことも、「読者の増加」という「結果」を求めるあまり、正直苦痛になってきていました。結果を出すためには定期的に、毎週、たくさんの記事を書かなければ。この記事はアクセスがこんな数だった、なんでかな。なんで結果に表れなかったんだろう。

マインドフルネスを学んで、気づかされました。より多くの人に読んでもらえたらもちろんうれしいですが、そのために始めたわけじゃないんです。こんなに面白い報告がある。正しくてワクワクする情報を発信したい。そのために始めたはずなのに。

ということで、初心に戻って編集長ともども、いま、ここ、を大切にして、楽しみながら続けられるペースで記事を書いていきます。面白い情報にたくさん出会ったらいっぱい書きますし、いいものに出会えなかったら機会を待ちます。最低でも月に1個くらいは面白い出会いがあると思うのですが。

 

 

Holly Kenkoはフェイスブックツイッターもしております。よろしければフォローをお願いします。

参考文献

1. 世界のエリートがやっている最高の休息法 久賀谷 亮