歯のアンチエイジング〜歯周炎と心筋梗塞のリスク?〜 / by Noriko Ikedastemo

今日からは新しく、毎回異なるテーマで書いていきます。表題でテーマがわかるようにはしますので、よろしくお願い致します。

 

ではでは本題です。歯の周囲に炎症が起きる歯周炎。若い方は知らないでしょうが、昔有名?な、「リンゴをかじると歯茎から血が出ませんか?」というコマーシャルがありました。あれが歯周炎です。ハグキが炎症を起こして腫れ、進行すると出血しやすくなったり、歯周ポケットが深くなって「ハグキが下がった」状態になります。分かりやすい絵を見つけたので貼り付けておきます。詳しい説明に関しましてはこちらをご覧ください。

 

その「歯周炎」と、「動脈硬化」や「心筋梗塞」に関しては、以前から因果関係があるのではと考えられてきました。「関連がある」という報告が多いものの、「関連がない」という報告もあったようで、まだ議論の途中のようです。

そんな中、今年2月、歯周炎と心筋梗塞のリスクとの関連を調べた研究報告が発表されました。

Larsら(参考文献1)は、75歳未満で初めて心筋梗塞になった人805人と、心筋梗塞になったことがない805人を対象として、レントゲンを含めた歯の検査を行い、歯周炎の有無を調べました。その結果、心筋梗塞になった人の43%で歯周炎が認められました。対照群で歯周炎があったのは33%でした(p<0.001)。タバコの習慣、糖尿病、結婚歴などの条件を調整した後でも、やはり歯周炎がある人は心筋梗塞のリスクが高い、という結果でした。

「歯周炎と心筋梗塞が関連している可能性」の根拠がひとつ加わったようです。

 

同じく「歯周炎と心筋梗塞が関連している可能性」の根拠のひとつとなる論文、さかのぼって2005年の報告です。

石原ら(参考文献2)は、心臓の血管が動脈硬化で狭くなったため心臓手術を予定している51人の患者さんに対して、手術の1週間前に歯周病のチェックを行いました。34人に4か所以上、17人に4か所未満の歯周病病変を認め、最も深い歯周ポケットの歯周プラークから細菌検査を行いました。そして、心臓手術の時切除された血管(詰まったり狭くなったりした血管)からも細菌検査を行いました。

その結果、11人の心臓の血管から、歯周病の原因菌として最も有名なP.gingivalisという細菌が検出されました。この11人のうち10人は、歯のプラークと心臓の血管の両方からこのP.gingivalisという細菌が検出されたということです。「歯周病菌が血管に入り込んで心臓に達し、心臓の血管を詰まらせる病因となる仮説」を支持する結果であった、と著者は述べています。

この報告の中では、P.gingivalis以外の歯周病菌についても検査、記載されています。また、この先生方のグループの研究では他にも動脈硬化の病変から歯周病菌が検出された報告をいくつかされています。参考文献2の中に書かれていますのでご参照ください。

 

「歯の年齢」は歯周ポケットの深さで測るようです。歯に情熱を傾けていない方、歯科で歯の年齢と歯の健康をチェックしてみてはいかがでしょうか。芸能人じゃなくても歯は命、ですよ(これまた若い人には分からずすみません。)

さてさて、以下は医学的な情報ではなく個人的な独り言です。

なんの商品だったか忘れましたが、昔こんなCMがありました。「奥歯のなんとも言えない痛みは年齢とともに起こる歯槽のう漏(歯周炎がさらに進んだ状態ですが、最近は全部ひっくるめて「歯周病」というようです)。そんな時はこの歯磨き粉を使いましょう。」というものです。若かった私は、ふーん、年とったらそんなことにもなるんやねえ、くらいにしか思っていませんでした。月日は流れ、ある日、両奥歯の鈍い痛みが。最初はすぐ引きましたが、徐々に痛みが頻繁になりました。「ハッ。これはもしや、トシによるアレか?もうそんなトシなのか??」焦った私は早速薬局に走ってその歯磨き粉を買いに、行ったのではなく、歯科の予約を取りました。

幸い歯槽のう漏ではありませんでしたが、一箇所だけ歯周ポケットが深めのところもあり、改めてブラッシングの仕方、そして歯間ブラシとデンタルフロスの使い方と指導を受けました。恥ずかしながら医師ではありますが歯にはあまり情熱を傾けておらず、デンタルフロスも使っていませんでした。それからは真面目にデンタルフロス、歯磨き(電動歯ブラシ使用!)を続けています。あれから何年も経ちますが定期的に歯科受診、歯のクリーニングをして、歯周ポケットも変わらず歯の健康を保っています。

 

ということで今回のオススメは、デンタルフロスと電動歯ブラシです。フロスは糸だけのものもありますが、使いにくいので糸ようじ的なものがオススメです。電動歯ブラシは正直宣伝につられて買いましたが、何年も使っていてお気に入りです。私のような「いらち(せっかち、の関西弁です)」さんにはいいと思われます、スイッチが切れるまでみがき続けないといけませんから。旅行にも持って行けますよ。

 

Holly Kenkoアンチエイジングセンターはフェイスブックツイッターもしております。よろしければフォローをお願いいたします。