脳のアンチエイジング part 1 認知症とは / by Noriko Ikedastemo

皆さんこんにちは。今回からは、脳のアンチエイジングシリーズです。

今回の「脳のアンチエイジングpart 1」では、「認知症とは?」について、説明していきます。

認知症とは

「えーとあれあれ、誰だっけ。」人の名前や、物の名前が出てこなくなることは、よくあることです。もの忘れと言っても、年をとることで出てくる「生理的もの忘れ」と、病気の始まりである「病的もの忘れ」は異なります。

 
                                                                                                                   政府広報オンラインより引用作成(参考サイト1)

                                                                                                                   政府広報オンラインより引用作成(参考サイト1)

 

病的もの忘れだけでなく、下図「失語」以下のいずれかの症状を伴って、そのために日常生活や社会生活に支障をきたす状態を「認知症」と言います。

                                                                厚生労働省 みんなのメンタルヘルス総合サイトより引用作成(参考サイト2)

                                                                厚生労働省 みんなのメンタルヘルス総合サイトより引用作成(参考サイト2)

 

認知症の原因

認知症には原因となる病気があります。

一番多いのがアルツハイマー型認知症。脳に特殊なタンパクがたまり、神経細胞が壊れて死んでいき、脳全体が萎縮していきます。認知症の約60%はアルツハイマー型認知症です。

 

次に多いのが、脳血管型認知症。脳の血管が詰まったり出血したりすることで、神経細胞が死んでしまいます。認知症のうち約20%は、脳血管型認知症です。生活習慣病が脳血管型認知症の発症リスクになります。詳しくは、「栄養のはなし」をご覧ください。

その他、レビー小体型認知症や、前頭側頭型認知症などがあります。

 

増え続ける認知症

若年性認知症というものもありますが、基本的には年をとると認知症になりやすくなります。高齢化社会に伴い、認知症の方は非常に増えていますし、今後も増えていくと予測されています。

                                                                                                     2015年厚生労働省発表資料より引用作成

                                                                                                     2015年厚生労働省発表資料より引用作成

 

アルツハイマー病の特効薬はなぜ出てこないのか。

世界中で様々な研究がなされていても、いわゆる特効薬のようなものは未だ開発されていません。治療薬として処方されているものはありますが、進行を遅らせたり、症状を緩和したりするものになります。なぜ、治療が難しいのでしょうか?

その理由はこちら

軽度認知障害というのは、物忘れはひどいけれども日常生活には支障がない状態のことです。

こんなにも長い歳月をかけて脳に異常なタンパクがたまり、神経線維が変化し、神経細胞が死ぬ、という変化をし続け、その結果起こってしまうアルツハイマー型認知症。これを薬でスッキリ元に戻すというのは至難の技なのです。

脳の変化は平均して50代から始まっています。脳に老人斑(アルツハイマー発症の元である異常なタンパク)が溜まっていても、無症状で進行していきます。

特効薬のない現在、大事になるのはやはり早期発見、そして予防です。この記事を読んでおられる皆さんが、今から気をつけてできることは何かあるのでしょうか。続きは次回part2から、世界の研究結果とともに紹介していきますね。

 

なお、今月は「運動のはなし」はお休みです。次回以降でできれば、頭の運動のはなしを載せたいと考えています。

 

Holly Kenkoアンチエイジングセンターはフェイスブックツイッターもしております。よろしければフォローをお願いいたします。

 

参考サイト

1) 政府広報オンライン www.gov-online.go.jp/useful/article/201308/l.html

2) 厚労省みんなのメンタルへルス総合サイトwww.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_recog.html